ハラスメント対策の基礎知識:パワーハラスメント

パワハラとは

セクハラが性的嫌がらせとされるのに対して、パワハラ(パワーハラスメント)は上下関係などの立場にによる優位性を利用した嫌がらせです。
上司から部下へのパワハラが一般的に認知度は高いですが、立場の優位性は上司・部下の関係だけとは限りません。例えば、社内の有力部門と非有力部門、正社員と契約・派遣社員、発注側と受注側などなど。
そのため、パワハラを上手く定義すると、「与えられた立場・職権を背景として、人権侵害する言動により相手に精神的な苦痛を与えること」とされます。
また、セクハラとは違い法律で規定されていません。まだ、これから定義を含めて社会に浸透している段階といっていいかもしれません。

 

上司のやってはいけない! セクハラ・パワハラ徹底解説-【電子書籍】

 

パワーハラスメントとメンタルヘルス問題

近年、大企業を中心に管理職向けのパワーハラスメント対策研修への意識が高まっています。ハラスメントの中でも、セクハラよりパワハラの研修へと力点を移している企業も少なくないようです。
これは、日本の大企業が抱えるメンタルヘルス(社員のうつ病など)問題の原因のひとつとして、パワハラが直結していると考えられているからです。
メンタルヘルス問題は、大企業に勤める方なら実感されていることも多いのではないでしょうか?1人の社員がうつ病となり、長期に休暇をすることは企業としても避けたい
ところでしょう。
また、パワハラの判例として、パワハラからうつ病を発症し、自殺へとつながった事例も出てきています。
人権問題としての側面の強いハラスメント対策の中でも、放置しておくと企業の業績にも影響が強く、場合によっては企業イメージを大きく損なう事件にも発展しかねないのもパワハラの特徴といえるかもしれません。

 

パワーハラスメントと非正規社員

パワハラの定義は「与えられた立場・職権を背景として、人権侵害する言動により相手に精神的な苦痛を与えること」とされます。
これは正規社員と非正規社員(派遣・契約社員)との間にも成り立つことは意外と認識されていないようです。
まだまだ、パワハラへの認識が未成熟であることの現われともいえるかもしれません。
これら、正規社員から非正規社員へのパワハラは、「社内(職場)いじめ」とも表現されることあります。
何げない言動が、パワハラやいじめににあたるかも知れないという意識は常に持ったほうがいいでしょう。

 

適切な指導とパワーハラスメント

パワーハラスメントという言葉・定義が浸透するとともに、派生した問題もでてきています。
その1つが、パワハラと適切な指導の境界線に戸惑う上司の増加です。
管理職へのパワハラ研修を開催する企業は年々増加してきていますが、パワハラの定義ばかり先行してしまったために起きた副作用といえるかもしれません。
研修などを通して学習するだけでなく、パワハラの事例や、適切な指導に関しても意見交換していくなどの必要がでてきているようです。
「これはパワハラになるかもしれない」と思って部下への適切に指導まで出来なくなっては大変です。

 

職場で、全裸で、踊れますか 横行するパワハラの恐るべき実態-【電子書籍】